>

差し押さえられる前に滞納金を支払う方法

身辺調査

差し押さえが実行される前に行う身辺調査とは、具体的に何を調査するのかをまとめてみました。
まずは、勤務先や取引先の調査です。現在働いている勤務先や勤務先に滞納している事がわかってしまいます。住民票の取得や、所得や戸籍の調査も行われるだけじゃなく、家族構成も調査されます。
そのため、滞納者のみならず、家族や勤務先にも調査が及ぶ事がわかります。
こちらが差し押さえにおける身辺調査の実態と言えます。
この事から個人情報保護法が気になるとこですが、財産調査は国税徴収法に定められているため、抵触しないとされています。
差し押さえを実行する前の身辺調査で、滞納者だけじゃなく周りにも影響を及ぼしてしまうため、差し押さえは避けたいとこですね。

財産調査

差し押さえが実行される前に行う財産調査では身辺調査も行いますが、財産調査では具体的にどのような調査が行うのかをまとめてみました。
まずは、給与や銀行口座で預貯金や給料などを調査されます。
給与所得者は、所得税や住民税を天引きされますが、滞納してしまうと滞納者は10万円、生計が一緒の家族がいる場合には
一人4万5千円を差し引いた金額を完納されるまで差し押さえられ、給料から天引きされてしまいます。
また、自動車を所有しているか否か、不動産謄本の確認などや、生命保険では加入しているかどうかだけでなく、生命保険の解約返戻金なども調査されます。
差し押さえが実行される前に行う調査は身辺調査や財産調査の2つがあり、少しでも早く完納できるように、法律によって差し押さえができるものが差し押さえられてしまう事がわかりました。


この記事をシェアする